×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

カリタのコーヒーミルならナイスカットミル

カリタのコーヒーミルをお探しならば、ナイスカットコーヒーミルが一番良いと思います。なぜなら、カリタのナイスカットミルは巷の喫茶店並みの性能があるコーヒーミルだからです。しかも、カリタのコーヒーミルは100gという比較的多量のコーヒー豆を一度に挽くことができ、粒子も均一になっておりペーパードリップがかなり膨らんでくれるのでとてもいい香りがしてアロマ効果もあります。また、カリタノコーヒーミルを耐用年数から見ても十年は大丈夫なので、家の中のアンティーク用品として有効利用できそうですね^^

手挽きコーヒーミルならプジョー

最近のコーヒーミルはアンティークのコーヒーミルと違って電動のものがとても多くなってきていますね。しかし、あえて手挽きのコーヒーミルにこだわっている人も多いのではないかと思います。もしも、手挽きのコーヒーミルを買おうと思っている方はプジョーの手挽きのコーヒーミルがいいと思います。コーヒーミルを作るときの精度ならば、カリタの電動のコーヒーミルよりもプジョーがとてもよく挽けました。それも挽いている感触もとても良い感じであまり力を加えなくてもプジョーの手挽きのコーヒーミルならば、みるみるうちにコーヒー豆が挽けていくのを実感することができました^^そして何よりもプジョーの手挽きのコーヒーミルはとても香りがよくて電動ではなかなか味わえないような生きの良い香りを味わえるのも注目するポイントです。ちなみに、プジョーと言うメーカーはフランスの自転車メーカーなので手挽きのコーヒーミルを作ることなんてお手の物なのです。ぜひプジョーの本場の手挽きコーヒーミルを味わってみてください。

アンティークのコーヒーミルの価値

コーヒーミルは決してコーヒーを挽くだけというよりはアンティークとして生活用品のインテリアとしても利用することができますよね。私も家にはカリタの手回し式コーヒーミルがあるのですが、完全にアンティーク用品になっていますね(^_^;)おそらくオークションなどで出したとしても千円も行かないくらいの価値だと思いますけどね。ただ、アンティークのコーヒーミルは価値を下げると言うよりはどちらかと言えば、価値をあげるコーヒーミルが多いと思います。なので、ぜひ家にプジョーやカリタの手挽きコーヒーミルがあると言う方は使わないとしても取っておいてください。アンティーク品としてかなり価値が上がってくると思います。それに、コーヒー豆を挽く時間がある時ならば、私はできるだけ電動のコーヒーミルよりも手動の手回し式のコーヒーミルで味わいながら挽くようにしています・∀・そんなことで間違えてオークションやリサイクルショップなどでアンティークのコーヒーミルを売ってしまわないようにしましょうね。